「地震の揺れで家がどうなるのか」を実物の家を揺らさなくても、設計図から知ることができます!

近年の大地震による既存木造住宅の甚大な被害により、木造住宅の耐震性能が改めて注目されるようになりました。

 

今までは、地震の際に木造の住宅が「どの程度の揺れまで耐えられるのか」、「どこが最初に破壊するのか」、「どのような過程を経て倒壊に至るのか」等を確認するためには実大の振動台実験が欠かせませんでした。しかし、振動台実験は膨大な費用と労力が必要でした。

wallstatとは?

 

そこで数値解析によってパソコン上で、木造住宅の破壊、崩壊する過程をシミュレートする試みが行われるようになって出来たソフトを使って耐震シミュレーションを行います。

 

まさに!「パソコンの中で振動台実験を行なうように、木造住宅の耐震性を確認出来る」ソフトです。よくわからない自社実験や、一定の基準で評価する耐震等級ではなく、実際に起きた地震で客観的に評価できます。メーカーによる違いや効果がわかりにくい制震装置なども比較ができます。

 

耐震シミュレーションの精度は、実際の振動台実験の結果と整合しており、倒壊の過程を正確に再現できることが実証されています。

 

 

耐震シミュレーションは、商用利用契約の許可を得てWallstatを解析に使用しています。Wallstatとは»

耐震シミュレーションは、地震の揺れに応じて建物の損傷程度を「黄色」→「オレンジ」→「赤」で表示し、変形を計算することで、アニメのような動画にして耐震性を目で見ることができるようになるシミュレーションです。

 

 

 

 

Wallstat(ウォールスタット)耐震シュミレーション