既存住宅でも地震に耐えられる家かわかります!

Wallstatは、現在お住いの住宅でも設計図があれば耐震性を確認することができます。

 

『地震に耐えられるのか?』『地震の時の損傷はどのくらいなのか?』などを知ることで、適切な補強が可能になりますので、安全にリフォームをすることができます。

wallstatシミュレーション

 

工務店フォーラムは、Wallstat開発者の中川貴文博士(京都大学生存圏研究所 准教授)とWallstatの利用を管理する国立研究開発法人・建築研究所から、Wallstatを社会に普及する目的で商用利用の許可を頂いております。

 

  • 木造軸組住宅に限ります。
  • 建築図面、詳細が不明な場合はお受けできないこともあります。一度ご相談ください。
  • 施工現場の調査は行いません。解析結果は金物や接合箇所部材が設計図通りに適切に施工され、劣化がない状態での計算です。
  • 国の定める耐震診断とは異なります。

 

 

倒壊シミュレーション

設計図書を元にWallstatでモデルを作成し、下記の場合を想定しシミュレーションを行いました。

  1. ごく稀に起こる地震
  2. 阪神淡路大震災の地震

 

  • 倒壊シミュレーション1

    シミュレーション開始

  • 倒壊シミュレーション2

    赤色部分:地震で壊れやすい壁

  • 倒壊シミュレーション3

    最終的に倒壊するかを判定

 

損傷・倒壊する可能性が高いとなった場合

  • 解析結果を設計者、工務店に提示し、耐震性を向上させる方法をご相談ください。
  • 工務店フォーラムにご相談ください。信頼できる専門家をご紹介します。
  • 住宅の地盤によって、同じ地震でも揺れやすさが変わります。
    地盤の揺れやすさは、微動探査によって計測することができます。

 

 

Wallstat(ウォールスタット)耐震シュミレーション